病児保育 スタンドバイ

病児保育のスタンドバイ|病気などに掛かったお子様の看病をプロのキーパーをご自宅に派遣しお母様の代わりさせて頂きます。

お気軽にお問い合わせください
TEL:092-732-6128(9:00〜19:00※日祝日を除く)

企業紹介

代表あいさつ

スタンドバイの想い・・・

保育園の園長をしている杉原と申します。日々、より良い保育を追求し、現在3園を運営しています。


朝、保護者のお母様から電話があります。
「今朝、起こしたら熱があって…。今日は保育園お休みします」
「そうですか。お大事にされてください」

毎日のようにあるやり取りです。しかし私は電話の向こうのお母様の心境を想像します。

「勤務先に欠勤を伝える電話は、保育園にかける電話の何倍つらいだろう」

職場への迷惑。職場での立場。
どれだけ職場が「わかりました。お大事に」と言ってくれたところで、やはり心苦しさは残るでしょう。それが頻繁になれば、大きなストレスになるかもしれません。
そして自由だった独身時代を懐かしんだり、目の前にある生活の維持と言う責任感と孤独感に打ちのめされそうになったり…。

保護者様のお悩み・・・

それでも、打ちのめされているわけにもいきません。母親として、お子様を小児科に連れて行き、より早い回復を祈ります。帰宅すれば看病と家事とが待ったなしでやってきます。
こどもが病気で出勤できない…。「親である」ということは、時としてあらゆる自由を失ったような感覚になることでもあります。

しかし、「自分のこどもがいる」というのは、何物にも代えられない「生きる意味」です。
「自分の命を捨ててでも守りたいものがありますか」と聞かれたときに、真っ先に浮かぶのはお子様の顔でしょう。
自分の命より大切なもの、その生活を守るため、我々親は今日も頑張っているのです。

訪問方保育・・・

さて、今度はお母様側からではなく、採用する企業側から考えてみましょう。
企業側は一般的に「落ち着いて責任感があり、長期的に勤務できそうな人」を求めます。既婚女性が活躍するゆえんもこのような要素が多いようです。また「母親になって初めて感じる様々なこと」というものは、職種に関係なくちょっとした場面でもプラスになってフィードバックされるので、企業にとっても貴重なものとなります。

しかし、母親である女性を採用することにはリスクもあります。
それは「こどもの発熱などでの急な欠勤」です。
そのリスクがあると、どうしても責任のある仕事を任せにくくなったり、あるいは採用自体を躊躇させます。小さいこどもがいるというだけで、面接に受からなかったというのはよく聞く話です。

そのような問題を一気に解決するのが「病児保育」です。
「お母さま側」「企業側」両者の問題はひとつだからです。
そして、スタンドバイの病児保育は、お子様に最もストレスのない「自宅型」なので、お母さま、企業側、お子様の三者にとって、ベストな病児保育システムなのです。

これからの育児スタイル・・・

10年以上前、「3歳未満のこどもを園に預けて仕事するなんて」ということを口にされる方がまだいらっしゃいました。しかし最近はほとんど聞きません。社会の変化とともに、お母さんとマンツーマンの家庭保育が決してこどもにプラスというわけではないことが、周知の事実になってきたからでしょう。因習(現在に弊害をもたらす古いしきたり)が生んだ「なんとなくの世間体」が打ち破られ、3歳未満のこどもも園でお友達と遊ぶ楽しさやルール、家庭ではできない様々な経験をする機会があった方がよいのだ、という常識のシフトチェンジが行われたのです。

昔、トヨタのプリウスが発売されたころ、レオナルド・ディカプリオさんがプリウスに乗っているということで話題になりました。あの頃、ハイブリッドカーというものがどういうものなのか、本当にガソリン仕様は減るのか、エンジン音がしなくなるというのは本当か…ほとんどの人にはわからない「未来の車」「特殊な車」であって「一部の物好きなセレブの車であり、自分には関係ない」そう感じていた人も多いでしょう。
しかし、今やプリウスを見ない日はありません。これも常識の大きなシフトチェンジです。

夢・・・

私の夢は、病児保育をプリウスのようにすることです。
そして、母親になって仕事をする女性の、社会的立場の向上と、安心感のある生活、自由な生活に役立ちたいのです。そして大きく言えば、「母親になっても普通に仕事ができる環境」を整備し、少子化問題、社会保障問題の解決のための一端を担いたいのです。
こどもが病気の時には母親は仕事を休むしかない、という因習も必ずこの先なくなります。一緒に常識をシフトチェンジしていきましょう。

そして。

「自分のなしえなかった夢をこどもに託す」という「親の夢の押しつけ」は、あまり好ましいものではありません。
大人は大人で、自分の夢を持って挑戦し続けましょう。

株式会社スタンドバイ 代表 杉原伸介

会社概要

社名 株式会社スタンドバイ
住所 〒815-0042 福岡県福岡市南区若久2丁目13−14
事業所 ちびはる保育園原田内
住所 〒818-0024 筑紫野市原田6丁目7−2
お問い合わせ 【TEL】092-732-6128
  • よくあるご質問
  • 新規会員登録
  • お問い合わせ
新規会員登録
園への緊急お迎えサービス
法人向け病児保育
よくあるご質問
メディア掲載履歴
ご対応地域